法人営業の貴方、POPを描いたことありますか?

こんにちは、浅野葉子です。POP(ポップ)ってご存知ですか?買い物に行ったとき、店内の壁や商品の横に並んでいるあの紙(笑)です。ときにはイラストも入れながら商品の特徴やキャッチコピーが書いてある小さな紙。私はその紙に背中を押されて商品を買った経験は数知れません!

たとえこんな一言だけでも…

POP

数 年前から『伝える』ことを意識して勉強会に出るようになってPOPと出会う機会が増えました。POPのワークショップも何度か経験したんですけれど… 参加してビックリ!!真っ白な紙を前にして一文字も書けないんです。一緒に参加している人の多くは個人のお客様を対象にお仕事をしている方。手慣れた感じ で楽しそうにPOPを描いている姿を横目に私はオロオロするばかり。悲しいというか…かなりショクを受けましたね。

それまで私がお客様 に何かを伝えていた時の流れはこうです。まず電話や対面で会話する。会話によって場が温まったら提案資料を見てもらう。再び会話する。そこには沢山の言葉 が溢れます。でもPOPは違いますよね?たった一行でお客様が商品を買う理由、お店を選ぶ理由を伝える。言葉をギュッと凝縮して相手に届けなくちゃいけま せん。

法人営業の人って言葉を凝縮することに慣れていないかも。『商談』を通して営業することが多いので、ほんの一秒で気付いてもらおう、行動を起こしてもらおうという発想が乏しいと思います。あ、乏しいのは私だけかな??

短い言葉を 書いて、その言葉を見た人に行動を起こしてもらう。今その必要性をヒシヒシと感じてます。ニュースレターやブログ、FacebookやTwitter、 ホームページ。言葉で何かを伝えようとするとき、どんな言葉なら相手に伝わるのか悩みませんか?それは何度も書きながら身につけるしかないんでしょうけ ど、POP作りが伝える力を鍛えてくれると感じています。

今年の2月に事務機器の展示会を開きました。あ、主催者はウチじゃなくメーカーさ んです。展示会に来て下さった方々に会場で気付いてもらいたいコトがある。気付いてもらう為に目に見える何かを作ろう。『こんなことで困っていません か?』『これについての準備は出来てますか?』

有志が集まって知恵を絞った結果生まれたのが、吹き出し付きの人(ひと)POPです。明確な解決課題を持って展示会場に来る人も居れば、何かいいモノは無いかと思って来る人も居る。あの日、このPOPを見て『そうだ、ウチの会社もこの問題に手を打たなくちゃ』と行動するキッカケになったとしたら…とっても嬉しいです。

POPは個人のお客様を対象にしている人が作るもの。そんな固定観念を捨てて法人営業の会社でも作ってみる。まずは自分の会社にPOPを付けるとしたら…と考えて作ってみるのはいかがでしょ?面白そうですよ。

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る