魅力は自分の足元にある

こんにちは、浅野葉子です。今日の釧路は春を感じる日差しがまぶしいくらい。先週どっさり降った雪の山もみるみる小さくなってます。たぶんもう1、2回は大雪の日があるんでしょうけどね。 白と茶色の世界に淡い黄緑色が見えるのも間もなくです。

冬 の期間は考え方がネガティヴになりやすいかも。夜の時間が長くて寒いのが一番の原因かな。今年みたいに猛吹雪の日が続くと、物や人の流れが止まってしまっ て…生活やビジネスにマイナスの影響が出ますもんね。空を見上げて恨めしい気持ちになることだってあったでしょう。

じゃあ、暖かい所で暮らせばいいのかと言えばそうじゃない。どこで暮らしても、プラスの面とマイナスの面があると思うのです。

自分の住むマチには〇〇が無い・〇〇出来ない!と言うより、こんないいモノ&コトがある・こんな素敵な人がいる。そっちに目を向けたら毎日はもっと、ずっと 楽しくなる!『 そんな簡単なもんじゃないでしょ、浅野さんてほんとノーテンキだね 』と言われても、ここが肝心だと信じて疑いません。

そ う確信するようになってから感じたのは、自分が住むマチ・自分が勤める会社の魅力を、私自身がハッキリと認識してないな~ってこと。何となくこんな感 じ…とは分かっていても、ハッキリと言葉で〇〇です!って言えなかった。言葉で伝えられない、イコール、他人だけじゃなく自分自身も魅力の存在に気付 けないってことですよね。

自分が住むマチ・勤めてる会社・そして自分自身には必ず魅力がある。無いんじゃなくて気付いてないだけ。多分、知ろうとしてなかっただけなんだろうな~

8日前、釧路市動物園に行ってきました。釧路市に住み始めて30年にもなるけれど、行ったのはこれで2回目。ウン十年ぶりの訪問です。広い園内で動物たちの姿を見て、ビックリしたり感動したり笑ったり。特にホッキョクグマのミルクには魅せられました。

何も無いんじゃなくて魅力の存在に気付いてないだけ。そして魅力を知ったら言葉にして伝える。これが大事だと思う穏やかな日曜日の夕暮です。では、また~

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る