会いたい…には理由がある-香おねぇ編

会いたい!と思う人に続けざまに会いました。

それも釧路市内に住んでる人じゃなく、離れて暮らす人にね。

何故かを知りたい

一人目はこの人。ニックネーム香(かおり)おねぇこと、野田 香織さん。

↓ 向かって左が香おねぇ( 2015年9月12日 私が職場訪問したとき )

ん~、香織さん…て、かなり違和感あるな(笑)

香おねぇは、いつも豪快に笑う、サバサバした気性のエクスマ塾の先輩。

おねぇで先輩なんですが…年齢は私よりずっと若いです。

そのおねぇが、13年勤めた株式会社カネマツさんを今月いっぱい退職する!と聞いて『 すぐに会いたい! 』つまり…会って話がしたい!って思ったんです。

エクスマ塾でつながった人って、エクスマの考え方に共感してる人だから自分と価値観が近い。その中でも香おねぇは、感覚の人(だよね?)だから波長が合うっていうのかな。会ってる回数はそんなに多くないし、SNSで毎日交流しているってほどでもないのに、私の中では気になる存在なんですよ。

↓ 香おねぇがくれたこの言葉が大好きでヘビロテ中

いかみりん

その香おねぇが、社員を巻き込んで楽しく仕事して業績を上げているカネマツさんを辞めるの?!なんで?どんな想いで辞めるって決めたの?その理由を聞きたくて彼女に会いに行きました。

あ、書きながら思ったけど、これって私がセミナーに参加ときと同じ動機だな~ やっぱり私は人がなぜそういう行動をとったのかを知るのが好きですね。

※そのあたりを書いたブログはこちら↓

なんで話を聴きに行くのかって?理由は…ほぼコレ一つ

自ら決めて動き出すと

このブログを書くために、スマホの中から香おねぇが写ってる写真を探しました。その中の1枚がこれ。2015年11月9日、釧路で開かれた講演会を聴き終わったときの1枚です。

↓ メロン農家 寺坂祐一さんの講演会でした

写真を見ながらあることに気が付いちゃいました!

この日から1年過ぎていないのに、私以外の3人全員が新たなスタートを切ってる!!

転職した人、独立した人、技術を身に付ける為に学生になる人。それぞれカタチは違うけれど、自分の人生を言い訳しないで切り開いている人たちです。

今あらためて写真を見て思う。この3人、潔く自分の道を決めてゆく人たちは皆ホントいい顔してるわ~

香おねぇには、以前からやりたい!と思っていたことがあって、やるなら今しかないと思ったみたい。一度きりの人生だし、やりたいと思うことがあるならやってみようと決心しての退職なんですって。スゴイね、香おねぇ。

じゃあ…4人目の浅野さんも何か新しいこと始めるの?新規事業とか?

いやいやいや(^^;) そんなことは全く考えていませんよ~

ただ、1年前に比べて気持ちは大きく変化してるかな。

地域の環境、業界の環境、社内の環境、家庭の環境、そういう周りの環境が○○だからって言ってないで、やりたい方向に心を決める。自分と自分に縁のある人が、笑顔でいられるようにっていうことを軸に進む。起きてもいない不安要素のことは考えない。

こう決めて突っ走るでーー!!というような変な力の入り方も無く、心穏やかに、でもゆるぎなく思えるようになりました。

↓ 人生がいい意味で色づいてきた感じ??

そういう決心って、社長だから出来るんですよねナンテ思う人も居るかもね。

そんなことは無いですよ。

小さなことでも、自分で考えて、やると決めて動き出したら目に見える景色が違ってくる。毎日が楽しくなってくる。私はそう思うというか…日々感じてます!

今回、香おねぇに会いたい!って思ったのは、そんな自分の想いを彼女と分かち合いたかったからなんだなぁ…きっと。

自分で決めて行動に移した素敵な女性に刺激されながら、私も自分の人生を色づけてゆこうと思った香おねぇとの時間でした。

香おねぇ、あの日は遅くまでありがとう。SNSで繋がってるから、これからもずっと見てるよ~そして…また一緒に飲もうね。

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る