筆記用具も文房具もコンパクトにまとめて持ち歩きたい

しかもバッグの中からすぐに取り出せるようにしたい。

仕事する場所が、自宅・お客様先・出張先と一定していない人なら特にそう思いますよね。

こんにちは。アシストの女将、浅野葉子です。

今日は私が使っている道具を紹介します。

あ、最初にお知らせしますけど…私が好きなのはスタイリッシュ系じゃありません。どちらかと言うと素朴系。

なのでカッコイイのが好きな方は、この先を読まないで下さ〜い(笑)

普段、私の仕事のほとんどはパソコンとスマホがあれば出来ちゃいます。

でも…

・思いついたアイデアを文字と絵で書き留めたい

・もらった資料にマーカーで書き込みたい

・付箋に気になる点を書いて貼りたい

・思い立ったときにお礼状を書きたい

…って、紙を使いたいシーンもたくさんあるんですよね。

だから筆記用具や文房具をいろいろ持ち歩きたい。

そこで、今使っているのが棚が付いたペンケースです。棚があるのでケースの中から必要なものを取り出しやすいんです。

私は筆記用具と付箋、シャープの替え芯、消しゴム、クリップ、指サック、ネーム印、USBメモリなどを入れてます。

布製だから軽いし、小さな持ち手が付いているので鞄の中からパッと引き出せる。

外と中の色のコントラストがあるのもいいでしょ?

外側が黒で、内側がペパーミントという色違いもあります。

↓ 全部で3色 ※コクヨのホームページより

アシストでは文房具も扱っています。

こんなの欲しい、あんなの無いかなって思ったら、私に相談してね。

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る