贈り物には自作のカードで言葉を添えよう

生まれて初めてサンタクロースになりました。

ママじゃない私は、子供が寝ている間にこっそりクリスマスプレゼントを置いた経験がないんです。

さすがに今からママになるのは無理なので(笑)社員を無理やり子供にしちゃいました。

23日の祝日にプレゼントを用意。朝出社したら机の上に何かある。ナニコレ~って驚いてもらおうというシナリオ。

たまにはこんなお遊びもいいんじゃない?って思ったんです。

贈り物するならモノだけじゃなく想いも贈る

プレゼントする品物は友達がステキにラッピングしてくれました。

だから、そのまま机の上にポンと置く。それもアリですよね。

でも~、会話しながら直接本人に手渡せないとなると、ただモノを渡したって感じ…

それじゃサビシイ。メッセージを添えよう。メッセージカードを作ろう!と思い立ちました!

↓ 出来上がりはこんな感じ

プリンターを使ってメッセージカードを作ろう

用意したものは四つです。

1.イラストの原画を描くための、はがき絵用ブレタン紙

2.色えんぴつ

3.カード用紙

4.プリンター

は私が淡いタッチのイラストを描きたくて選んだ画材。手元にあるものでいいんです。色えんぴつはNTTのノベルティだし…

はちょっと厚めのコピー用紙でもいいと思います。

は手持ちのプリンター。色えんぴつのマットな感じを出したくて、今回はインクジェットプリンターを使いました。

↓ 私が使ったのはこちら

レイアウト作りはWordで

色えんぴつで原画を描いたら、スキャナーで読み込んで画像ファイルにします。

年賀状ソフトを持っている人は、その中でクリスマスカードのレイアウトを作れますよね。私は年賀状ソフトを持っていないので、いつも仕事で使っているWord2010を使いました。

画面上部の『差し込み文書』をクリックしてから『差し込み印刷の開始』→『ラベル』と進みます。

クリスマスカード

ラベルの種類を選ぶ画面が出てきます。

いま手元にある用紙とピッタリ同じ型番じゃなくてもいいんですよ~

A4サイズを上下二つに切り離して、それを二つに折ってカードを作りたかった私は、紙面を四分割する目印線が欲しかった。そこで、エーワン(画面上ではA-ONEと表示されます)の28447という型番を選びました。

すると画面に点線の目印線が現れます。目印線だから、この点線は印刷されないんです。

目印線を参考にしながら、色えんぴつで描いたサンタとトナカイの画像を挿入して位置決めします。

あとは、印刷して、切って、二つ折りすれば出来上がり~!!

カードの中に、一人一人へのメッセージを書いてプレゼントに添えました。

オマケにこんなモノも入れたけど…コレは無い方がよかったなナンテ苦笑されてたかもね。

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。
トップへ戻る