釧路のおばちゃん、お告げを聞きに大阪へ行く

時代はものすごいスピードで変化してる

この言葉を毎日のように目にするし、ホントにそうだよなぁって私も感じてます。

そんな変化の嵐の中で自分はやってゆけるのかな…

なんて不安に襲われる日が、たまにあるんですよね。

じゃあ変化しないのがいいの?と聞かれたら間髪入れずに嫌です!って答える。

変化は私のエネルギー源です。

2016年エクスマ新春セミナー

先週、はるばる大阪まで新春エクスマセミナーを聞きに行ってきました。

藤村正宏先生が今年を展望する言葉…お告げ(笑)を聞ける新春セミナーです。

やっぱり…尊敬する人の考えは聞いてみたいですからね。

出来れば文字からじゃなくライブで。

しかも今年のサブタイトルは『 文化芸術がビジネスの価値を高める

この言葉を見た瞬間、わ!聞きたい!!と思って、何の迷いもなく申し込みボタンをクリックしました。

↓ セミナーは朗読からスタート

五年前にこんなの想像出来た?

飛行機の中でこのブログの下書きを書いてました。

五年前、自分がブログを書くなんて想像さえしなかったな~

さらには、情報は毎日ほぼスマホ経由で手に入れることも

話をするよりSNS上でコミュニケーションしてる時間のほうが長いことも

セミナー会場で見ず知らずの人から『 短パンさんのフェイスブックで見て知ってますよ 』なんて声をかけられるなんてことも。

まったくの想定外!

これだけ変化が著しいと、これからの暮らし・仕事は一体どうなっちゃうんだろう?

どう対応すればいいんだろう?って考えずにはいられない…

変化は自分のエネルギー源です!って書きましたけど…やっぱり、不安の源でもあるんです。

↓ 20年先はどんな世の中になってるだろう

五年先がどうなってるかなんて分かりません

セミナーの中で藤村先生がそう話してくれた瞬間に感じたのは、何故かほっとする感覚。

五年先のことなんか誰にも想像出来ない。

感じればいい

人の心はどうなのかと常に考えよう

この言葉を聞いて、それまであった不安な気持ちがすーっと消えてゆきました。

モノやコトがこの先どうなるかを追いかけても、その変化は常に想像を超えてくる。

そこに目を向けるんじゃなくて、心を感じようとすることが大事。

物質的な環境が変わっても、変わらないのが人が人を想う心。

その軸がブレなければ、どんな変化が起きたって生きてゆける。

大丈夫だよ!って言われたような気持になりました。

こうして書くと何だか宗教みたいだけど、人の幸せを考えると人を想う心に行き着くんですね、きっと。

一緒に笑える人がいれば大丈夫

懇親会も含めたら8時間にもなったこのセミナー。

感動…って言葉で表現するのはあまりにも簡単で手抜きな感じなんだけど、どんな修飾語を付けても伝えきれないくらい心と頭を揺さぶられたセミナーだったな~

知らない土地へ行く不安や、ホームベースを留守にする不安、未来への漠然とした不安。

旅行バッグは驚かれるほど小さいのに、不安だけは各種詰め込んで出かけた今回の旅。

行ってみて、お告げを聞いて(笑)分かったのは、世の中がどう変化しようが、笑って時間を共有出来る仲間がいれば大丈夫!ってこと。

そしてココにはその仲間がいっぱい居るってことです。

明日は大荒れの天気。仲間と情報を分かち合って乗り切ろう!

↓ エクスマが繋いでくれた素敵な人たちも居る!

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。
トップへ戻る