だから、ひがし北海道は美しい

ご存じの方もいらっしゃると思いますが…
ウチのうっちーが撮影した写真が、東京カメラ部主催のコンテストに入選しました~♪

まずはその写真を見て下さい。(2021年12月11日(土)までコチラ↓からることが出来ます )

日本写真100景< 四季 >2021 北海道 打矢晶一

※「ポートフォリオ」をクリックすると50枚の写真が見れますよ!

好きのチカラ

うっちーがスマホで写真撮影を始めてから丸4年が経ちました。こんな日がやって来るなんて…当の本人が一番ビックリしているかも。

うっちーが写真撮影を撮影を始めたのは、SNSを始めるのと同時の2017年9月のこと。最初に撮った風景写真はどんな感じだったっけ?とツイートを遡ってみると…斜め(笑)隔世の感アリです。

しかも当時はカメラじゃなくスマホでの撮影。それから一年も経たないうちにカメラを買って撮影にハマった様子は2年半前にもブログに書きました。

楽しいことは見つけるんじゃなく、こんな風に見つかる

好きになるって、こういう事なんだな~。好きのチカラって凄いな~って、今あらためて感じてます。

好きの理由

ここまで読むと、大抵の人は「うっちーは写真撮影が好き」と思うんじゃないですか?私もそう思ってました。本人からこの言葉を聞くまでは。

ボクの写真を見て「ひがし北海道に行ってみたい!」と思ってもらえたら嬉しいんです。ボクが切り取る景色はココに来てもらえたら出会える景色なんです。

あぁ、そうか。カメラという機械が好き、カメラを操作して感動の瞬間を切り取ることが好き、もあるけれど、うっちーは広大なひがし北海道の景色が好きなんだなぁ。

いや、たぶん景色だけじゃなくて、自分が暮らしているココひがし北海道が大好きなんだろうなぁ。そうでなければ年間100日も摩周湖で過ごすなんてこと…出来るはずないもの。

いま自分が居るところが大好き。その気持ちが写真の中に溢れている。だから、うっちーが撮るひがし北海道は美しいのかな。ナンテ…私は勝手に感じてます。

この写真を画面の中に閉じ込めておくのはモッタイナイので、今年もうっちーカレンダーを作成しました。2022年版は来週、2021年11月8日発売予定です。

楽しみに待っていて下さい。

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。事務員をするつもりで就職した会社でSE部門へ。精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1986年、結婚を機に来た釧路で株式会社アシストを創業。以来 『仕事をもっと楽しくするには?』 に知恵を絞る。 2014年に 『葉子の部屋』 を、2015年に『つながり空間まめ』をアシスト内にオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る