楽しいことは見つけるんじゃなく、こんな風に見つかる

たとえば社員の、うっちー( @shochan946 )みたいにね。

そう!うっちーこと打矢晶一(うちやしょういち)はアシストの社員です!

コレ、知らなかったと言われることが多いのでお知らせします(^^;)

こんにちは。アシストの女将、浅野葉子です。

↓ うっちーと私のツーショットって意外に無い…

うっちーが、写真撮影を始めたのはツイッターを始めたとき。

2017年9月のことです。

当時、うっちーの自宅は釧路川のすぐ近くにありました。

自宅近くの風景をスマホで撮影して毎日ツイッターに投稿。

うっちーの感性で切り取られた写真は見る人の心に響いて、日増しに「いいね」や「リツイート」増えてゆきました。

あの頃うっちーが撮影に使っていたのはスマホ。今使っている一眼レフカメラに比べたらカメラスペックは低いです。

でも…その写真には釧路に長く住んでいる人も気づかない地元の美しさが見事に切り取られていました。その写真を見て地元の人がどれほど釧路の美しさを再発見したことか。私も含めてね。

感動が感動を生んで楽しさに変わってゆく

うっちーの写真を見た人が、その感動をうっちーに伝える。

撮影した場所に行ってみたい、連れて行って欲しいと彼に伝える。

その言葉にうっちーが感動して、もっと喜んでもらえる写真を撮りたいと思うようになる。

うっちーの技術も道具も進化する。

うっちーの進化した写真を見た人は、さらに感動して彼に伝える。

うっちーは、写真を撮るのがどんどん楽しくなる。

こんな流れ。

彼は楽しさを見つけようとして写真を撮っていたんじゃなく、写真を撮っているうちに自然と楽しくなった。

そういうことなんじゃないかな~

うっちー写真の女将セレクション-その1

ツイッターをやっていない人は、彼の写真を見たことがないよね?

今日は私のセレクション第一弾として2018年12月~2019年1月投稿からいくつか紹介します。

私が鳥好きなんで鳥多めです。

ね?素敵でしょう?

見つけよう、見つけようとするんじゃなく、やってみる。

やってみて、それを人に伝える。

今やっていないことを、何か始めてみて~

そうしているうちに、楽しくなってきますから。

ツイッターをやっていて、うっちーをまだフォローしていない方。

ぜひ彼をフォローしてね。

釧路に来たくなって、ホントにやって来て、楽しいことが見つかるかも!

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る