マズイ!これを続けてると理解も共感も納得も生まれない

中央の人「俺、もう2ケ月ブログ書いてない」

向かって右の人「俺も書いてない」

向かって左の人「私も!」

6日前の飲み会で偶然隣り合わせになったこの三人。

どんな事でも仲間がいるってだけで嬉しいね!(笑)

ブログを書かないのがダメっていうわけじゃない

今日のブログタイトルは、

これを続けてると…たぶん理解も共感も納得も生まれない  」

ここで言う これ↑って何もブログを指してるんじゃないですよ。

あっ!誤解しないで下さいね。

中央の人や向かって右の人が、理解や共感や納得をされてない人ってことじゃありませんから。

じゃあ、これを続けるとのこれは何かと言うと…

自分の頭の中にあるものを言葉にして伝えること

ブログもその一つではあるけれど、他にも伝える方法は色々あるものね。

直接会って話す

手紙を書いて相手に渡す

SNSに投稿する

SNSでコメントし合う

電話する

という具合に。

どれもこれも減らしたら…

4ケ月くらい前から、そのどれもこれも減らしてみたんです、私。

な~んて書くと実験的にやってみた風ですけれど…

結果的にはなってしまったのがホントのところ。

物理的な忙しさ

解決したい課題の量や重み

加齢による処理能力の低下

がミックスした状態で、言葉のアウトプットが日に日に減ってました。

↓ 毎月請求書に同封していたニュースレターも2月でストップ

モノサシが消えかかってるわ

私が毎日言葉を紡がなくたって、私の周りにいる人は大人だもん。

だいたい分かってくれるわ。

お願いだから分かって(笑)

そんな風に思ってたかな。

でも…分かるワケないよね。

私の頭の中にある嗜好や構想や価値観。

浅野葉子という人のモノサシが見えないワケだから、私の行動に理解も共感も納得も生まれない。そればかりか、『 あの人は一体どう考えているんだろう 』って不安さえ感じる人もいるはず。

現に…私自身が不安になってきたもの!

だからこうしてブログを再開したんです。

人は言葉にして初めて認識出来るイキモノ

いまあらためてそう感じてます。

言葉で表現するのが苦手な人もいると思うけど…

話すことが出来る、書くことが出来るなら、言葉にしないとね。

じゃないと分からないもの。

その人が何を考えてるかなんて…

当の本人さえ、言葉にして自分の体から外に出さないと自分が考えていることを認識できない。

少なくても私はそうです。

お客様も、社員も、家族も、友達も、そして自分自身も、人が何を考えて、どうしたいのかを言葉を通じて知る。

だから言葉にして出しますよ、再び。

ニュースレターも『 入ってなくてガッカリした 』って言ってくれる人が一人でも居ると分かったので再開します。

5月の東北旅行から戻ってから以来、すっかり元気が無い父には葉書で。

↓ 父が私にくれた言葉を絵にのせて

ペースはゆっくりでも、言葉を出し続けた先には笑顔があるって思うから。

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る