経験は自分だけが持っている宝物だって気づかせてくれたセミナー

29日の釧路地方のお天気。予報では暴風雪ですって!

たしか先週も月曜日は雪かきでしたね。

私は風邪でダウンして会社を休んじゃったから、雪かきしていないケド…

月末&月曜日の明日は、体調が悪くてもゼッタイに休みませんよ!!

※このブログを書き始めたときは28日だったので…

明日の天気

思えば…先週の火曜日から今日までずーっとゼッタイに休めない日だったな~

特に木曜日は、長野県から9時間かけて A子ママこと下澤美香(しもさわ みか)さんが釧路に来る日で、翌日の金曜日は、そのA子ママとシーサー君のコラボセミナーが開催される日だったんですもん。

なのに、なのに、ずーーっと前から心待ちにしてた日、

A子ママが釧路に来てくれる日が目の前に迫ったというのに、

私は風邪をひいちゃって、

この木曜日と金曜日の体調は、

正直に言うと…最悪でした!(涙)

↓ A子ママとシーサー君に風邪をうつしてないか心配

打ち合わせ

無理してもやりたいことがある!

たとえ体の調子がイマイチでも、

私はA子ママに釧路を案内したかったし、

釧路の友人たちを紹介したかった。

そして、そして、この9ケ月、会話を通じて聞いてきたA子ママの想いが

どんなセミナーを生み出すのかをゼッタイにこの目で見たかった。

だから 『 体調はもうだいぶ良くなったの~ 』って嘘ついてました。

人には『 無理はダメよ 』ナンテ言ってますけどね、

ここぞという時には、人は無理してでもやらなくっちゃ!(笑)

初めて経験したA子ママのセミナー

セミナーを見て、聞いて、私が一番感じたのは、

これは元スナックママのA子ママにしか出来ないセミナーだなってこと。

セミナー会場は、いわばA子ママのお店。

だから、会場に参加者が入ってきたら、なるべく受付で挨拶&軽い会話をする。

普通はセミナー後にこういう事をする場合がほとんどだけど、

お店に来てくれた人とは先に挨拶したいというのがママのスタイル。

次に、スクリーン前の照明の明るさや、

スクリーンの表示角度を短い時間の中で細かく丁寧に調整。

お客様がお店の中で少しでも快適に過ごせるようにと配ります。

そしてセミナーがスタート。

そこは一方的に知識を伝える場じゃありません。

ママは参加者の反応を見ながら、

自分の表情や声のトーン・大きさを巧みに変えて表現してくれる。

まるでカウンター越しにお客様と会話しているみたい。

A子ママが話しているのは、ツイッターのビジネス活用なんだけれど、

セミナー講師じゃなくてスナックのママが話してくれているっていう感じ。

そうだな~、セミナーを一方的に聞いているっていう感覚じゃなくって

会話を楽しんでいるような気持で聞けるって言うのかな。

とっても分かりやすく言葉が耳に入ってくる。

80分のセミナーに、スナックのママとして25年間積み重ねてきたA子ママの過去がぎゅっと詰まってるって感じたんです。

↓ セミナーの様子

セミナーの様子

もしも誰かが、ママのスライドを使って話をしても、同じ場を作ることは出来ない…

ママの過去の経験が、こんな風にセミナーの個性になって現れるんだな~って驚きました!
過去がその人の個性に大きく関わってる。

経験はその人だけが持つ宝物なんだよな~

誰も真似ることが出来ないA子ママのセミナーを経験して、そんな風に思いました。

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る