やっぱり…外なのよ、外!

外なのよ、外!って、鬼がどうかしたの?節分は昨日でしょ?

はい、もちろん鬼じゃありません。

それは…自分の気持ちの向けどころです!

↓ 福の神か?はたまた鬼か?(笑)

自分ばかり見てるとうまくいかない

一年前くらいから、ピンチになると私が唱えてる言葉があるんです。

それは…『 自分の都合を手放そう 』っていう言葉。

一口にピンチと言っても幅広いけど、主に仕事のときね。

例えば仕事の場で、こんな風に言いたくなることないです?

『 そうしてもらわないと私が困るんです。だから〇〇して下さい 』

もしこの言葉が自分の口から出そうになったら、ぐっと飲み込んで違う言葉に変えるんです。

何故かって?それは…

もしも自分がこの言葉を聞く側だったら、相手に最善を尽くそう!っていうテンションにはなれないから。

あなたが困るって自分の都合だけ言われても…という気持ちになっちゃうからなんです。

いろんな場面があると思いますよ。

この言葉を言わずにはいられない!って場合もあるはずです。

だけど、なるべく使わない。

自分の外側、つまり相手の都合を考えて

『 こうすれば貴方にとってこんないい事があるから、こうしてもらえませんか? 』と伝えて、結果を待つように心がけてます。

その結果、この一年いい着地が出来ている。

少なくても私自身はそう感じてます。

ブログを書くときも心の向け先は、外!

三日前、勉強会の先輩が講演をするために釧路に来てくれました。

その先輩とは、おたる政寿司(まさずし)の常務、ニックネーム三代目こと中村圭助さんです。

お寿司を握りながら、自社の取り組みを話してくれる画期的なセミナーでしたよ!

↓ グレーのジャケット姿の三代目

その中で印象に残ったことの一つに、ブログのネタについての言葉があるので紹介しますね。

『 ネタ切れな時って視点が自分に向いてるときだよ 』

どきっ!としました~

相手があることって、視点を自分の外に向けないと、結局何事もうまくいかないのよね。

冷静に考えれば当たり前のことなんですけど、自分が当事者になると、視点が内向きになってしまう…

だから『 自分が… 』と言いそうになったとき、特に困ったときには、『 自分の都合を手放そう 』と心の中で唱える。

そうしていると、いい結果がついてくるような気がします。

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る