誰なのかって伝えないと反応薄いよね

モノ作りをする友達がいます。

私は工作が好きです!ってアチコチで言うようになってから、その数が増えている感じ。『 類は友を呼ぶ 』ってホントですね。

モノ作りにも色々あるけれど、友達が作るのは暮らしを豊かにする小物が多いかな。アクセサリーやインテリア雑貨がとりわけ多いです。

そんなモノ作りをする友達に、私が好きなことで何か役立てること無いかなぁと考えていたら…これまた別の友達が見つけてくれました。

↓ きっかけは真ん中の変テコパネル

顔ほど人目をひくものはありません

何ですかコレ?!一体どうしちゃったんですかって思いましたね?(笑)

話せば長くなるので省略すると…コレは私の身代わり。

ある楽しいイベントに参加出来ないのが残念で、せめてパネルで身代わり参加させてね!って勝手に届けたものなんです。

届けられちゃったのは、上の写真でパネルの左側にいるアコヤさん。凄腕メイクアップアーチストで美人で…しかもひょうきんな人!

( 詳しくはこちらを見て下さいね→ コスメコンシェルジュAkoyaのブログ

そして右側にいるのはサンキャッチャー作家のナンシー。

この変テコパネルを見たアコヤさんが、ナンシーにこう言ってくれたんですって。

ねぇ、サンキャッチャーを展示するとき、作品の横にナンシーの顔が出てるパネルがあったらいいんじゃない?

↓ これがサンキャッチャー お日様の光をキャッチして部屋の中に虹色の光を反射させます

最近アチコチで手作り雑貨のイベントをやってます。友達が出展しているときは、迷わず友達のブース行きますよ。でもそれ以外の時は…作品そのものも気になるけど、作家さんに目が行きませんか?私は間違いなく作家さんを見ちゃいますね。

やっぱりモノより人のインパクトの方が大きいんだな~

作家さんの雰囲気が気になったらブースに行って会話して、 なんか好きって感じたら買う。これが私の買い物のパターン。

でも~、私みたいに作家さんといきなりは話せない人の方が多いと思うし、作家さんがブースに立ち合えない場合もあるでしょ。そこをパネルで補ったらいいんじゃない?というワケなんです。

作者の想いも伝えられます

じゃあ作って!とナンシーから私にパネルのオーダーが入って、出来上がったのがこれ。ナンシーの顔写真だけじゃなく、作品に込めた想いを言葉にしてパネルの中に入れました。

展示&販売イベント会場で、さっそくデヴューさせてもらいましたよ!

今回パネルを作ることで、私自身もナンシーのことを今まで以上に知ることが出来ました。サンキャッチャーを作ろうと思った理由や、どんな想いを込めて作っているのかをね。

おかげで今まで以上に、ナンシーにもナンシーが作るサンキャッチャーにも興味が湧いて、彼女の作品がまた欲しくなりました~

手作りのモノって、私が販売している事務機や文房具以上に誰が販売しているのかが大事じゃない?モチロン誰が作っているのかもね。だから作品の横には作者の顔があったほうがゼッタイにいいと思うんです。

ちなみに…昨日から始まったナンシーのサンキャッチャー展示&販売会は、9月30日まで釧路町の喫茶店『 アロマ 』でやっています。

これから晴れの日が続く釧路で、部屋の中に虹色の光を反射させてくれるサンキャッチャーと作家パネルを、会場でぜひ見てみて下さい。

あ、そして…こういうパネル私も欲しいな~という方が居たら私に相談してね。

↓ 9月いっぱいナンシーの作品を展示&販売している会場はこちら

■ Coffe アロマ

釧路町豊美2丁目3番地

TEL 0154-36-2331

営業時間は11時~17時まで

定休日は日曜日・祝祭日

※9月16と17日、23と24日は臨時休業

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る