少人数ならブログじゃなくてペーパーログ

『 パソコンや複合機を使って書類を電子化しませんか? 』

日頃はそう言って紙の書類を減らす方法をお知らせしてます。

でも~ホントのところ、私は紙の書類が好き。

いや正確には紙そのものが好きなんです。

紙の質感というか湿感(そんな言葉あったっけ?)が心地いいんですよね~

だから文章も紙の上に書くのが好きなんです。

なのにこうしてパソコンに向かってウェブ・ログ=ブログを綴るのは

出来れば多くの人に、自分の書いた文章を見て・読んで・知ってもらいたいから。

じゃあもしも、見てほしい相手が10人くらいだったら?

しかもその人たちが近くに住んでいて、定期的に会えるのなら?

会った時の様子や気づきを伝える道具は紙でいいんじゃないかな~

つまりペーパー・ログです。

ちょっと長いから縮めて…ペーパー・ログ=パログ!

何ですかその言葉!!って感じですけど…どうでしょう?

今月1日から始めたアシスト2階の多目的スペース

『つながり空間まめ』の活動を、このパログ(笑)で残してみたくなりました。

ここに集まってくれるスコットクラブの仲間たちと一緒に何をしたか。

それを後から見て、振り返ることが出来るモノ。

紙のページを一枚、また一枚と指でめくりながら

過ぎた時間や思い出を分かち合えて

しかも手で触れられるモノっていいんじゃなかな~

ゼッタイに楽しい!と一人妄想…

という訳でスケッチブックを一冊用意しました。

ロングセラー黄色と緑のこのスケッチブックに

仲間と過ごした時を書き残してみます。

『つながり空間まめ』に置いておくので見て下さいね。

↓昔から変わらないデザインのスケッチブック

スケッチブック

↓顔はめ看板を作ったときの記録

パログ

The following two tabs change content below.
浅野葉子
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る