お客さんにボクを知って欲しくてSNSを始めたんです

自分のこと

こんにちは、株式会社アシストで営業職をしている打矢晶一です。
ニックネームはウッチーと呼んでくださいね。

去年からSNSやってました、今月からブログも始めました

昨年の9月中旬からツイッターを始めて、iPhoneXへ機種変更したのをきっかけにインスタグラムを11月頃から本格的に投稿を始め、今ではツイッターもインスタも毎日楽しく投稿しているんですよ

顔出しするのが嫌だったし、自分をさらけ出すのが嫌だからSNSをやらなかった

アシストでは過去にSNSを強要されたことは一度もありません、やるやらないは個人の意思です、会社としては推奨している、そんな中ボクは一線を引いてSNSをやらないスタンスを通してました。去年までね。今でこそそんな投稿見る機会も減ったけど、一時何見ても同じような自撮りでどこに行ってきましたとか、自分のプライベートを切り売りするみたいのが嫌じゃないですか。振り返るとボク自身のSNSに対する理解度も低いからこういう偏った見方になってしまっていたんですけどね

キッカケは突然やってきた

うちの浅野葉子社長(女将)と繋がっているいる方々で何人かキニナル方が居てブログを不定期で読んでました、その中のひとりであるWEB屋さんの白藤沙織さん(さおりんさん)がアシストのホームページをリニューアルする為の相談で釧路にやって来るという話が出たのが昨年の春でした、事前に何となく知ってはいましたが、当然ボクはググりますよね(笑)会社概要はもちろん見ますし、白藤さんが投稿していたツイートやブログは読みました。

白藤沙織さんのブログはこちらhttps://www.websuccess.jp/saorin/

一方的に知られてることは思ってたより良いことだった

ボクが白藤沙織さんに初めてお会いした時は、ブログもほとんど読んでいて(文章の書き方が好みだった)一方的に人となりを知っているファン状態(笑)だったんです、逆に白藤さんからみたボクはこれまで一切露出していませんから予備知識まったく無しで話しをするのは大変だったと思います。自分に置き換えてみるとは初対面だったり頻繁に会っていなくても、SNSやブログでボクを知ってもらえる状態でいられるというのが特に大きく感じました。

自撮りばかりしなくたっていいし、自分がキリトリたい部分だけ出せばいい

白藤さんからアドバイス頂いたのが、ツイッターなら顔出ししなくたっていいし、本名だって出さなくていいからやってみたらどうですか?って言われたんです、自分の出したい部分だけだせばいいってね。この時は二つ返事する覚悟はなかった昨年の7月下旬のことです

そして1か月後覚悟を決めて実名でアカウント作成する

そんなこんなで白藤さんへWEBサイトリニューアルを全面的に依頼することになり、その過程でボクはSNSをやっているという事はどういうことかを自分で体感することになったんです。白藤さんとの話しも早かったですし、安心しておまかせできる判断がそこでできたから。そしてボクは「こりゃやってないと取り残されるわ」痛烈に感じて覚悟を決めることができました。よし実名でアカウントを作ってみよう。

お客さんにボクを知って欲しくてSNSを始めたんです

次に白藤さんが来社されたのは9月15日(金曜日)でした。一通り打ち合わせも進み、ツイッターとフェイスブックのアカウントは作ったけど、まずはツイッターをやってみたいと相談しました。ツイートするにあたってアドバイスを頂いたのは、「雑な投稿はしない、画面の向こう側の人を意識する」こんな内容だったと思います。これは今も意識していることです。2017年9月15日にツイートデビューすることになります。そしてこの日ボクが別のツボな人に出会えたのはまた別のお話です

作業の様子を撮らせてもらえるとすごく嬉しいんです

1

 この記事の投稿者

打矢晶一(ウッチー)

打矢晶一(ウッチー)

1971年生まれ、北海道釧路育ち。 専門学校卒業後に東京へプログラマーとして就職するがバブル経済がはじけて、地元釧路へUターンする。コンピューター系に携われると思いハローワークから応募、縁あって中途採用される。技術系もできる営業職として20年以上働かせて頂いております。
オフィスの「嬉しい」や「ワクワク」を一緒にカタチにするお手伝いが好きです。得意なことはパソコンやiPhoneにまつわること、複合機やプリンターの最適配置です。
好きなことは写真撮影やクルマの運転や整備、洗車です。 最近始めた一眼レフカメラに興味深々。 食べ物はチーズ系が大好物です(笑)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ