たのしごと空間のご紹介

算定基礎届や賞与支払届の電子申請って意外なくらいカンタンでした

紙からデータへ。情報の記録・提出の中心にあった紙が、いま急速にデジタル化されてきています。これはもう避けて通れない道。自分の会社でも始めなくちゃ…と思いながら気おくれしている貴方、大丈夫です!デジタル化は始まったばかり。今からでも十分間に合いますよ!

かく言う私も半年前から本格的に手を付けたところです。社会保険の電子申請も今回初めてやってみました。

これから実際の操作画面をお見せします。「社会保険の電子申請ってどんな風にやるの?」と思っている方の参考になったら嬉しいです。

サヨナラ郵送!

電子申請なら自席に座ったまま1分で終了

私はまず算定基礎届の電子申請からトライしました。アシストでは補助金申請用に行政サービスgBizIDプライムのアカウントを持っていたので、電子証明書を取得する必要ありませんでした。

電子申請のために私が用意したのはこの3つです。

1.インターネットに接続出来るパソコン
2.給与奉行クラウド(OBCの給与計算アプリ)
3.gBizIDプライムのアカウント

では操作画面を見て下さい。

4~6月の給与計算が済んでいる状態でメニューから「算定基礎届」を選択します。(正確にはこの前に算定基礎処理というカンタンな操作があります)

↓「電子申請」の提出方法として「マイナポータル申請API」を選択

↓「提出先」として「釧路年金事務所」を選択

↓「申請者」欄に担当者の名前とメールアドレスを入力

↓実行ボタンをクリックして確認OKで進んでゆくとgBizIDのログイン画面が出ます

↓IDとパスワードでログインした後、さらにワンタイムパスワードを入力してOKをクリック

全ての工程が約1分で終了です!!

あまりの呆気なさに感動して、翌週すぐに賞与支払届も電子申請しました。

電子申請の結果は給与アプリで確認

初めての電子申請が呆気なく終わったので「ホントに受付されてるの?」と少し不安になりました。でも大丈夫!申請が正常に受付されているかどうかも給与アプリ上で確認できます。

これでもう専用用紙に数字を書き込むことも、封筒に切手を貼って郵送することも必要ないのです。バンザイ!(笑)

こんなカンタンに出来るならウチも電子申請に切り替えたい。そう思ったらアシストに相談して下さい。(浅野)

2021.07.24

ページ最上部へ