短パンさんカレンダー、がんばって!

先週の金曜日に参加したエクスマ新春セミナー。

ゲスト講師の一人は短パンさんでした。

そのステージパフォーマンスは、圧倒的!

まるで、倒れる寸前まで力の限り歌い続けるミュージシャン!!

全身全霊で想いを伝えようとしている姿は鳥肌ものです。

↓ エクスマ新春セミナーのステージで

いつもエネルギー全開の短パンさんだから、時に疲れてダウンしちゃうのか

さっき、ふと短パンさんカレンダーに目をやると…

倒れてましたーーー!

激しいすきま風に吹き倒されたみたいなんです。

倒れたら起こして差し上げたらいいだけなんですけど

最近、ふらつき気味だったのも事実。

私なりに出来る応援があるんじゃないかと思って、考えたのがコレです!

短パンさんカレンダー・サポーター

えー、例によって手元にあるものを使います。

用意するのは段ボールとカッター、シャープペンシル、定規、はさみ。

1.段ボールの折り目とカレンダーの底辺をピッタリ合わせ、お腹側を下にしてカレンダーを置きます

2.カレンダーの外側をシャープペンシルでなぞって腺を引きます

A.ウエスト部分は4つのリングの下くらいに横線を入れます

B.つま先部分から下に向って7.5センチの所まで垂直に線を引きます

C.左右のつま先から垂直に線を引いたら、横線でつなぎます

応援パーツ作成手順

3.引いた線に合わせて段ボールの外側をカットしてから、脚の内側を切り抜きます

4.カレンダーのお腹側の裏面にカットした段ボールをセットして、お気に入りのペーパーウエイトを載せたら出来上がり!

ペーパーウエイトを載せるだけでも大丈夫な人も居ると思います。

そして工作は苦手という人には…このカレンダーを製作したウィザップのバブさんが教えてくれた方法がありますよ!

※バブさんが教えてくれたはこちらです

これで、年末まで元気にすっくと立っていてくれるでしょう。

短パンさんカレンダーをお持ちの方、好きな方法でやってみて下さいね~

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る