今年最初の 『はがき絵カフェ』 を開きます

今日は二十四節気の大寒。釧路は冷え込みました~ ツルツル路面の上にうっすら粉雪が積もって歩くのにはとても危険な状況です。一年中で一番寒いこの季節。寒い時期にはそれなりの楽しみや風景の美しさもありますが…暖かな春の日差しも恋しいですよね。

紙の上だけでも春を先取りしたい!という訳で、今年最初のはがき絵カフェ 『 真冬のはがき絵カフェ 』を2月1日(日)に開催します!

は がき絵カフェは、コーヒーを飲みながら皆ではがき絵を描く場所。季節の花や置物・果物や野菜など、好きなものを葉書に描いて絵に言葉を添えます。描いたは がき絵の裏にちょっとした文章を添えて送れば、お客様や名刺交換した方へのお礼状や、ご無沙汰している人への季節の便りとしても使えます。

絵心が無くて…今までに描いたことが無いので…と言う方も、来たその日からステキな絵と言葉を描いてますよ!堅苦しい講習会じゃありません。コーヒーを飲みながらのお喋りの延長?みたいな感覚で参加してもらえたら嬉しいです。どうぞ気軽に申し込みして下さいね。

※申し込みを希望される方はアシストへの電話 ( 0154-22-1779)か、fan@assist-946.com 宛のメールで、「 はがき絵カフェの件」でとお申込み下さい

葉子の部屋-2015.02

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る