バーチャルオフィスを使うという手があるね!

『 ねぇ紫乃(←私のニックネームです)、バーチャルオフィスって知ってる? 』

『 私、釧路でバーチャルオフィスをやっているところを検索してみたんだけどヒットしないんだよね 』

バーチャルオフィスって何?

私にそう話してくれたのは…この人↓クレーこと篠木麻希(しのき まき)さん。

クレーは忙しすぎる上司・部下とのチームワークに悩んでる上司に、フセンを使ったコンサルをしてます。

クレーみたいなコンサル・講師業の人って、お客様の職場やセミナー会場に出かけて行って仕事するでしょ?だからオフィスは自宅で充分ていう人が多いよね。

ところがクレーは自分専用のオフィス兼コンサルルームを作ったの。それがこれ↓ワーゲンバス風の可愛い車の中に作った動くオフィス!

↓ どこでもオフィスになってどこでもコンサル出来ちゃう車『 パラリラ君 』

好きな場所で仕事は出来るし家賃はかからない。自分の好みにカスタマイズした車だから乗ってて楽しい。いいことづくめなんだけど一つだけ悩みが生まれたの。それは…

このオフィスの住所

郵便物や荷物の送り先としてオフィスに住所は必要よね。それとSNSのチェックインスポットとしてもパラリラ君用に住所が欲しい。でも自宅住所は使いたくない。さてどうしよう。で、ひらめいたのがバーチャルオフィスなワケ。

バーチャルオフィスはサービスの名前。住所を貸すのがメインのお仕事です。

無いならウチでやります!

で、冒頭の話。『 釧路  バーチャルオフィス 』でググってみたけど見当たらないって言うの。

そこで私もちょっと調べてみたら…バーチャルオフィスのサービスって、アシストでやれそうなことばかり。住所を貸して、郵便物や荷物を受け取って、それを保管して、ときどきセミナールームをレンタルする。うん、全部出来る!

友達が困ってるんだし、クレーは今までもアシスト2階の『 つながり空間まめ 』を利用してくれてたから場所への馴染もあるし、とりあえずやってみようかな。

思ったら即行動派の私『 クレー、見当たらないならウチでやるよ! 』 

同じく思ったら即行動派のクレー『 じゃ、お願いします! 』

来月から始めてみることにしました。

↓ 今まで意識してなかったけど住所って大事なのね

個人で仕事してて自宅じゃない場所をオフィスにしたい人

クレーみたいに動くオフィスじゃなくても、自宅以外の場所をオフィスの住所にしたい人がいるんじゃないかな?個人で仕事してる人で特に女性ね。自宅の住所は知られたくないんじゃない?

だったら、このバーチャルオフィスを使うのも一つの方法。部屋や建物を借りるより経費的にはずっとずっと安く済むから。

これからお仕事を始めたい人。もう始めてるけどサイトや名刺に住所を載せられないでいる人。そんな人はバーチャルオフィスをを使うという選択肢もあるって覚えておくといいんじゃないかな。

もしも釧路市内にバーチャルオフィスを持ちたい人がいたら…相談に乗りますよ~♪

ちなみに私…オフィスのカーテンも縫えます(笑)

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る