丸投げのススメ

欲しくても、買えずにいた食洗機を買いました。

それと一緒に、買う予定の無かった洗面台を買いました。

何故かって?

それはね…丸投げ出来たから。

あ、ちょっと待って。丸投げって何だか乱暴に聞こえるので訂正します。

丸ごとおまかせ 』出来たからです。

↓ この二人にね

左:スポックこと丸甲(まるこう)金物の木元(きもと)さん

右:ゆうきゃんことようでんの田中さん

変えたいから買いたい

今の暮らしぶりを変えたいって、ずっと思ってました。特に帰宅後の時間の使い方を変えたいってね。

寝る前に本を読んだりブログを書いたりしたい。

簡単でいいからもっと料理をしたい

家の中を磨きたい。

そうすれば今より快適で心豊かな時間を送れる。ところが実態は…あり合わせのモノで夕飯を済ませたら私は電池切れ。平日は食べて寝るだけの毎日なんですもん。

台所は洗い物でいっぱい。

テーブルは郵便物や書類でいっぱい。

ベッド周りはやりかけのモノで溢れてる。

こんな状況は嫌だーー!だったら時間の使い方を変えるしかなーーい!

その為の第一歩は食洗機だ!

買いたいのに買えない

で、実際に買おうと思って調べてみると…

まず水回りの工事が必要。置き場所を考えなくちゃいけない。つまりウチの台所を一度誰かに見てもらう必要があるんですよね。

それを見ず知らずの人には頼みたくないなぁ。食洗機のことも水回り工事のことも一緒にお願い出来る人って誰だろう。私が求めるもののニュアンスをくんで、私に合った提案をしてくれそうな人って誰だろう。ナンテ考えてるものだから、買いたいのになかなか買えないんです。

ところがある日、この写真↓が目に飛び込んできました。

『でんきの御用聞き』ゆうきゃんが、台所の水漏れ修理をしてる現場写真です。実際に作業している姿って説得力ありますね。この写真を見た瞬間、彼になら頼めるんじゃない?頼みたい!って思ったんですから。

困りごとと要望を伝えただけ

ゆうきゃんにウチの台所を見に来てもらいました。ついでに『洗面台の水漏れで困ってるの…普段こういう使い方するのよ…』と伝えたら的確なアドバイスをくれたんです。

だったら食洗機と一緒に洗面台も買おうかな。水道工事が一度で済むしね。ゆうきゃんに頼めば何とかしてくれそう。『 丸ごとおまかせ 』しよう~

その日以降、ゆうきゃんはメッセンジャーを使って提案してくれました。浅野さんちの使い方なら洗面台のメーカーはタカラがいいですよ。釧路にはタカラのショールームがあるから一緒に実物を見に行きましょうってね。

さらに…タカラの洗面台は、私と共通の知り合いスポックから買えますよ。台所と洗面台の水道工事もスポックに頼めますよって。

え?そうなの?スポックにも関わってもらえるなんて嬉しい!

こうして私は何の不安もなく、あれよあれよと食洗機&洗面台取付の日を迎えました。

↓ 食洗機が付いたーー!

↓ 洗面台リニューアル♪

台所の下見から実際の取付日までに私がやったことは二つ…

ショールームに出かけて洗面台を選ぶこと。ゆうきゃん・スポックとメッセンジャーでやり取りして『 はい、それでお願いします 』って意思表示すること。それだけ。

時間的にも脳みそ的にも、私はほとんど拘束されませんでした。ウチに帰ったらすぐに電池切れしちゃう私にコレがどれほどありがたい事か。伝わってますか?(笑)

満足も買いました

家電品にしろオフィス機器にしろ、ネットで調べて一円でも安いモノを買う人がいます。取付や設定は人に頼まず自分の手でやる人も居ます。

でも私は…今回みたいな買い方が好き。親しい人に『 丸ごとおまかせ 』する買い方ね。

『 丸ごとおまかせ 』は商品選びの失敗がないしアフターケアも安心。売り手と関わる楽しさまで付いてくる。

そして何より、苦手なことで自分の時間と頭をムダ使いすることから解放される!

↓ ついでにジューサーも選んでもらいました

今回の買い物のキッカケ、実は上のモノクロ写真の他にもう一つあります。それは…8月19日に参加した『 ようでん料理教室 』。そこで食洗機と洗面台の実物を見てしまったことも大きかったですね。

車で130キロも走って参加した料理教室。そう!ようでんさんは釧路から130キロ離れた美幌(びほろ)町にあるでんきやさんなんです~

↓ 料理教室はゆうきゃんの奥様しのぶちゃんが先生

『 丸ごとおまかせ 』出来るなら、売り手がどの地域にあるかなんて関係ない。今回の私みたいな買い物はこれから増えるんじゃないかな?少なくても私や私の周りでは凄い勢いで増えてますよ。

理由?それはもう買ったあとの満足の一語。この経験、貴方にも一度味わって欲しいです。

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。
トップへ戻る