周囲を見てちょっぴり不安になるかも知れない…でも自信を持ってマイペースで!

ねぇ、あなたの今日の体調、どう?

少し寝不足気味だけど体はどこも悪くないし調子いいよ!そんな人は…ココでお別れです。せっかく読み始めてくれたのにゴメンナサイ。

何だか最近疲れやすくなったとか、不調の自覚症状がある人は、もう少し付き合ってね。

自分の体が教えてくれた

私はいま58歳。振り返ると51歳頃から体が大きく変化したって感じてます。具体的には…『疲れ』を感じるようになったのね。

こう書くと、それまでは感じなかったの?不感症?って言われそうですね(笑)

もちろんスポーツした後や一日中立ちっぱなしの展示会の後に疲労感はありましたよ。でも一晩ぐっすり眠れば、翌日には回復してたんです。

↓ 思えば2011年の羊蹄山(ようていざん)登山あたりから変化が始まった

飲んで帰ってから夜中に再び出社して事務処理したり、納期のある仕事を完成させるために徹夜しても、あぁ疲れたーーーって感じは無し。せいぜい少し眠たいなって感じるくらい。

そんな私が50歳を過ぎたとたん 『 私も疲れるんだ 』と自覚するようになった。

最初の頃は『 私の気力が落ちてるだけ 』『 ちょっとリズムが乱れてるだけよ 』そう思い込んでたんですよ。だから少し体にムチ打ってやっていれば、じきに体が慣れてくるわ!って勘違いして…結果無理しちゃいました。

するとね、体は教えてくれるんです。2年位前からかなぁ…ある部分は痛くなるし、ある部分は感覚が麻痺するし、血液に少し異常値が出るし。あなた一体どんな生活してるのーーーーー!そろそろ気付きなさいよってね。

↓ 2年前と言えば会社の2階を借りる!と行動開始したとき

教えには素直に従おう

で、セーブし始めました。たとえば…夜遅くや土日にデスクワークはやらない。会合やイベントへの参加を減らす。懇親会は日付が変わる前に退席っていうようにね。

え?セーブしてるの?今でもかなりアクティブに動き回ってるじゃん!て思う人が多いかも。SNSで投稿していると特にそう思われがちだけど…本人的には↑に書いたように行動をセーブしてるし、これからある部分についての動きはもっと減らすつもりです。

ご隠居街道まっしぐらって意味じゃないですよ。いくらなんでもまだ早いと言うか隠居なんかしたくない。ただ…やることを選ぶってこと。人生の残り時間や体力は確実に減ってゆくんだから、やることを絞り始めるときだなって感じての選択です。

変える・減らすって不安?

今までやってきたことを変える・減らすってことに、あなたは不安を感じる?私は最初すごく不安だった。自分が今いる輪の中からこぼれ落ちてゆくような、取り残されるような感覚にもなったしね。

でも、行動をセーブして一人静かに考える時間が増えた中で思ったんです。

要は、自分が何を大切にして、どんな人生を歩みたいのかで判断して、やることを決めたらいいんだって。周囲と自分とを見比べて不安になることが一切無いと言えば嘘になるけど、自分がこうありたいって思う方向に向かっているなら、自分のペースでいいじゃん!

↓ 日々和服で過ごす日常に向って洋服に和テイストを取り入れます

体力が十分にある人、判断のモノサシの元になる経験が少ないと思う人は、どんどん動く。経験を重ねて判断のモノサシは多少あるけど、体力が減ってきた人は選んで動く。自分の選択に自信を持ってね。

体の不調がキャパオーバーによる疲れから来ているとは限らない。でも、50歳を過ぎたら絞る、減らすって大事だと思うな。

自分のまわりの大切な人たちが次々と体調を壊しているのを目の当たりにして、こんなことを書きたくなりました。みんな~、自信を持ってマイペースで行こう!

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る