地元のいいトコ、まずは自分が体験して楽しんで…それから伝えたい

G.W.最初の二日間、貴方はどんな風に過ごしました?私の周りには片づけから始める!って人が多かったかな。

正直私も片づけから始めた方がいいんじゃない?な状況なんですけど…今年は遊びから始めることに。その方が片づけも仕事もサクサクやれちゃうんですよ。言い訳っぽいですけど…ホントです!

片道1時間半で行けちゃう!

その遊びの場所として選んだのは屈斜路湖(くっしゃろこ)。過去に何度か行ったことはあるのに…釧路からの距離や移動にかかる時間をまったく覚えてない(^^;)

調べてみるとわずか(笑)87km。たった約1時間半で行けちゃうんです。

↓ 同じ会社のめぐみんも一緒にね

地元に住んでる人ほど地元の楽しみを体験していない?

今回の楽しみの一つ。それはカヌー!私、釧路に30年以上も住んでいるのにカヌーを体験したこと無かったんですよ、今まで。いや私だけじゃない。むしろカヌーに乗ったことが無い人の方が圧倒的に多い気がする…釧路に住んでてもね。

その気になればいつでも体験できると思うからか。わざわざお金を払って見慣れた景色を見たいと思わないのか。きっかけが無いのが一番の理由かな。いつでも出来ると思うことには、いつまでもその気にならないしね(笑)

あと…誰に?どこに?頼んだら安心して楽しめるのか。そこが分からないっていうのも理由。

さいわい私は素晴らしいガイド、津別町にある『 ノンノの森 』の、ぼんちゃんこと上野真司さんと知り合えた。おかげでようやく体験出来ることになりました~♪

↓ 向かって右の人がぼんちゃん

ぼんちゃん Photo by らっちょ

雄大な自然の中で身も心も解放されるよ!

カヌー初体験の感想はどうかって?自然との一体感がもう最高!あまりにも気持ちよくってカヌーの上から動画付きでツイートしちゃったくらい。

歩いては行けないような場所に潜り込めるワクワク感。

入江でひと休み Photo by めぐみん

ここは日本?って言いたくなるような雄大な景色に溶け込む解放感。

山なみとめぐみん

自分も自然の一部なんだよな~って感じながら時間がゆっくり流れてゆく。昨日まで考えていた悩みなんて小っちゃい小っちゃいって思えてきて…

あーー身も心も解き放たれるーーー!って感じです。

私は自分の体験を伝えたい

去年の1月、釧路市は観光立国ショーケースというものに指定されたんですって。外国人旅行者を呼び込むモデル都市に選ばれたということみたい。

釧路に観光客がいっぱい来るように役所やいろんな組織の人が動いてます。

実は私、それとは別に個人レベルでも何かしたいなってずっと思ってました。それは…自分が釧路に居て経験したこと、つまり私が地元で食べたり見たり触れたりして良かったなと感じたものを人に伝えること。

ハンモックもオススメ!

たとえば今回みたいに、釧路から車で一時間半で屈斜路湖に行って、カヌーに乗って楽しかったよ!みたいなこと伝える。

その話を聞いたり読んだりした人の中に『 釧路へ行きたい! 』って思う人が現れるかも知れないでしょ?大人数でどーんと来てくれるのもいいけれど、たった一人でも釧路に興味を持って来てくれて、釧路や釧路に住む人のことを好きになってくれたら、こんなに嬉しいことはないもの。

ま、誰かに伝えたいから体験するんじゃなく、まずは自分が楽しみたいから体験するんですけど~

自分にとっては当たり前なことも、他人にとっては憧れだったり驚きだったりする。それに気づくのも楽しいしね。

今年のG.W.はもう一か所くらいどこかに出かけたいな。楽しかったら、またココで紹介します。

朝の屈斜路湖 Photo by めぐみん

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る