女性だけの職場でもスポック棒があれば大丈夫!

昼間フェイスブックに投稿したこの物体、さて一体何でしょう?

まずは私、勝手に命名しました!スポック棒です。

ん~、ますます何だか分からなくなってきました?(笑)

↓ この白くて長い物体

何に使うモノなのか、私の趣味を知ってる人はもう分かっちゃってるかもね。

こーれーはー、こうして↓使うものです

ん?白に白で分かりづらい?

そもそも、顔が痛くなるほど寒くなる地域の人じゃないと分からないかな?

これは、カチンカチンに凍った路面の氷を割る道具なんです!!

氷割りは重労働

で、その氷を割る作業って結構大変なんですよ。私はずっと小さなツルハシを使ってきたんですけど、力は要るし時間はかかる。何かいい道具無いかな~ってずーっと思ってました。

そしたら…1月25日にフェイスブックのタイムラインで出会ったんです、スポックこと木元章義さんのブログにね。

このブログで紹介されているモノがいいのか、他にも何かいい商品があるのか、全く分からない。だから私からスポックにこう頼んだんです。『 何か選んで~♪ウチの事務所前の状況は知っているでしょ? 』ってね。

スポックのこと信頼しているから丸投げ!自分で比較検討なんかしなくても、満足出来るモノが手に入るって確信してたから。

↓ オススメを二種類持って来てくれました

オススメの2種類はどちらも巨大なノミっていう感じ。氷に楔(くさび)を打ち込むように使います。(←って、伝わってる?)

で、私が選んだのは上の写真で向かって右側の方。

理由は…

柄も鉄製だから適度に重みがあって力を使わずに氷を割れそう。

柄と刃が一体でつなぎ目が無いから丈夫そう。

鉄工所に頼んで作ってもらうオリジナル商品!(←オリジナルに弱いんです私)

実物を見て即決です。

これは楽チン!

そして今日、この自称スポック棒を初めて使いました。

感想はズバリ!楽チーーーン!!

大した力も使わないのに、30秒でこんなに割れるんですよ。

…て、割った経験の無い人にはピンと来ないでしょうけど、パカパカ気持ちよく氷が割れるんです。

あまりにも気持ち良く割れるので、業務担当の美穂ちゃんに『 ねぇ、ちょっと使ってみて~ 』と半ば強引に表に呼び出して、スポック棒体験してもらいました。

好評につき美穂ちゃんにはレンタル決定です。

ウチは女性しかいない職場だから、氷割りみたいな力仕事はホント大変なのって思っている貴女。ぜひスポック棒を使ってみて。氷割りが楽しくなりますよ。実際に使ってみたいという方。ウチに来たときに『スポック棒を試したい』と言ってくれれば、事務所前でいつでも使用体験出来ます。

さらに詳しいことを聞きたい、今すぐ買いたい!と思った方は…スポックが社長を務める会社、釧路の丸甲金物(まるこうかなもの)さんへ電話してみてね。

■丸甲金物株式会社 

釧路市新橋大通4-2-14

電話 0154-24-2062 担当は木元(きもと)社長です

あ、最後に誤解の無いように付け加えますが…アシストは女性だけの職場じゃありません。優しい男性が居ます!けど…氷割りは私の趣味なのでこの座は渡せません!!(笑)

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る