思い切って『好き!』って告白

昨日の釧路は最低気温が4℃。小雨が降る寒い一日だったにもかかわらず朝から汗だくだった私。理由はコレ↓慣れない着物の着付けに悪戦苦闘してました。

↓ お気に入りの場所でパチリ

img_0529

休日だからこそ休まない?

昨日は、お友達のクレーこと篠木 麻希(しのき まき)さんが企画してくれたイベント『 釧路の秋を着物で歩こう 』の日。着物を着て出かける機会を自分たちで作って、もっと着物ライフを楽しもうっていう場でした。

いつも通り朝食の支度をして、食べて片づけてから急いで着物の用意を始めます。着物用の箪笥(たんす)は持っていないので着物は押入れの奥深く…そこから一式を取り出すだけでまず軽くひと汗。

そしてようやく着付けに入るんですけど、何度もやり直しで時間が過ぎて焦るし、体を動かすから汗がどんどん出てきちゃう(^^;)

↓ 苦手な帯結びは人頼み…

img_0261

休日なんだから朝からそんな風にバタバタしないでゆっくり休めば?ってアドバイスしてくれる人もいるけれど、休日だからこそ休まない。理由は…

ゆるっとし過ぎると疲れちゃうからです!

だから動く。それも自分が好きなことでね。

一人じゃないから続く&広がる

和の世界が好きで、着物への憧れをずーっと持ってました。ここ数年、特にその気持ちが強くなってはいたけど、実際に着物を身に付けるのは一年に一度くらい。

でもね、そんなペースじゃいつまで経っても自分では着られない。それに…還暦近くもなると人生の残り時間を意識するんです。 仕事を引退してから、もう少し時間に余裕が出来たら、ナンテ言ってたら好きなコトなんていつまで経っても出来ないわってね。

もっと着物を着よう!日常的にもっと楽な気持ちで着よう!そう思って行動開始したのが今年のお正月。1月2日のことでした。

↓ このとき初めて袖を通した『ジーンズ着物』

img_0262

札幌駅の地下にある『 キモノハナ パセオ店 』で、当時店長だった大好きな美佳さんに着物を選んでもらいました。そして、この着物姿で着物が好きですってSNSに投稿してから、明らかに身の回りに変化が起きている感じなんです。

一言で表すと…同じコトが好きな人が自然と周りに集まってくる

・ジーンズ着物いいですね~私も着たいです!ってお店を聞かれたり

・実は私も着物を着て出かけたいけど一人じゃツマラナイからご一緒にと言われたり

・着付け出来ないから楽しく教え合う場を作りましょう!と盛り上がったり

着物っていうキーワードで人が繋がって、一人じゃ出来ないコトや妄想がどんどん生まれてます。

自分が好きなコトやモノを『 大勢の前で好きです!って言うなんて恥ずかしい 』と感じている人もいるでしょうけど…それってモッタイナイ!

好きですって告白すると、仲間が出来るんですもん。好きだなんて言ったらドン引きされるって本人が心配するようなニッチなコトでも、意外に仲間はいるものです。

そもそも、自分から告白しないで一緒に楽しむ相手を見つけるのは相当ハードルが高いと思うな~恋愛と同じかもね。

ちなみに私は…『 変わってるね 』って言われるのも好きな人です。以後お見知りおき下さい(笑)

↓ 『釧路の秋を着物で歩こう』のメンバー
img_0263

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る