カンタン&自分らしく写真編集して伝えよう

『 わっ!これインパクトあるな~ 』

先週、リコーに勤めている知人が投稿してくれた写真を見て、私の頭に真っ先に浮かんだ言葉がコレ↑。

↓ 投稿はこちら

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc

手のひらに載ってるのは、プロジェクターです。

小っちゃいでしょ?

写真を見た瞬間に、コレをお客様にお知らせしたいなって思いました。

フェイスブックでもブログでも、私がアシストの取扱商品を載せることはほとんど無し。でも、たまにはお知らせしないと何の会社か分からなくなっちゃう…じゃなく

いやそれもあるけれど(苦笑)

これだけサイズが小さいと利用範囲が広がる。お客様の困ったを解決する道具になるかも知れない。だったらお知らせしよう!ってね。

人に伝えるなら自分テイストをプラス

まずは、毎月発行しているニュースレターでお知らせすることに決めました。

こういう場合に私が大事にしていることが一つ。それは…

メーカーさんが用意した写真をそのまま使わない→そこに自分テイストをプラスすること。

私の感覚だと、メーカーさんの写真はキレイというか整い過ぎなんです。

だから少しでも自分の手を加えて、メーカーさんじゃなく、浅野からのお知らせだと感じてもらいたい。そう思ってのことなんですよ。

自分の写真とのコラボ

思い付いたのは、美しいモデルさんの手じゃなく私の手に載せるというアレンジ。

①オフィスソフトのWordに、メーカーさんが用意したキレイな写真と、私の上半身を取り込んで

②モデルさんの手と私の手の大きさが同じくらいになるまで、メーカーさんの写真をマウス操作で小さくして

③出来上がった画像をカラープリンターで印刷して

④プロジェクターの部分をハサミで切り取って

⑤私の手の上に載せる

%e5%90%88%e6%88%90-3

部分的にパソコンを使ってますけどね、仕上げはアナログです(^^;) 事務機屋ですけど~

この切り貼りした写真に文字を書き加えて、ニュースレターの完成です!

↓ こんな風に写真を使いました

01910535dc7aed48f9f9928e0ddaa1c6fba3e34f11

ま、ささいな事だし…メーカーさんの用意してくれたキレイな写真のほうがカッコ良くて好きって人も居るでしょう。

でも、人は身近な人の顔に目が行くもの。そして人気(ひとけ)を感じるものの方が、興味を持つもの。たとえそれがオバチャンの顔だとしてもね~ それに作る側も、お客様の顔を思い浮かべながら自分流にするって、とっても楽しいんです!!

なので、これからも私は自分テイストをプラスしたモノをお届けしますね…悪しからず!(笑)

ちなみに~、私の手の上に載ってるプロジェクターは2016年9月30日に発売されます。興味のある方は、ウチの営業担当者に尋ねるか、私にフェイスブックメッセージでお問合せ下さ~い。

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る