論理的に伝えられなくてゴメン

涼しい…というより肌寒いと感じる気温で新しい週がスタートしました。

ヒンヤリした済んだ空気が広がる、釧路らしいこの時期が私は好き。夕焼け空も一段と美しくなりますからね。

そう言えば、このごろ空の写真撮ってないなぁ。下ばかり見ているかも。視点が偏らないように、ときどきは上を見よう~

↓ ちょうど一年前 2015年9月12日 釧路西港の夕焼け

010dbff0784810cdd73b99975df284604ef113ed04

決めるときの判断基準は?

きっと皆さんそうだと思うんですけど、職場に出れば決めることの連続です。

会合やイベントに出席するか・しないか

提案を受け入れるか・断るか

その仕事をやるか・やらないか

今日のお昼に何を食べるか(笑)

些細なことから人生を大きく変えるようなことまで、とにかく決める。

お昼ご飯のメニューは、ほぼ好き嫌いで決めてますよね?じゃぁそれ以外は何を基準にして決めるか。コレが私の悩みどころでした。少し前までは。

↓ 決めるのが苦手な社長って…ダメじゃん

0111128a37c1ab88216fa3389426a7e834ecfa537a

決められない理由?それはもう明快!決める基準が無いから。

こう決めるとあんな影響が出るよな~、かと言ってあんな風に決めるとこんな不具合がある。決めないと状況は良くならないから決めなくちゃいけないのに、判断の柱が無くてブレブレ♪(←って歌ってる場合じゃなかった)しながら時間が過ぎていたんです。

いいかげん?テキトー?

最近ようやく決められるようになってきた私には、判断基準が備わってきたの???いやいや、今でも?マークが3個も付くくらいの状況ですよ。

じゃぁどうやって決めているのかというと

...勘です

勘だなんて…いいかげん?テキトー?

いや大真面目に、勘なんです!心を決める瞬間は。

決めるときって理由を言葉にしたいですよね。自分以外の人が関わることについての決定ならモチロン相手に伝えたい。そして自分自身にも言葉にして伝えて納得したい。

でも~、私のような感覚の人にとって、言葉は後から付けたものって感じ。判断は、自分が今まで経験したことの積み重ねから、瞬間的にこっちの方がいい結果になる!って感じてやっているんです。

でも、勘で決めました!じゃ相手が快く決定を受け入れられない。そこで後から、その勘の由来を言葉にしようと試みているって状態かな。

んーーー、伝わってますか?

↓ 構図がいいと感じた瞬間にシャッターを押す、まさに勘

%e3%82%b5%e3%83%9b%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%88

勘て言うと明らかな根拠がないみたいだけど…

言葉で表せる明確な理由が無い=勘、みたいに表現されることがあるでしょ?私はそう思わないな。

長い時間のうちに自分の中に積み重なった経験が勘を作り出している。つまりその経験で得たことが理由。ただその経験から得たことを、私がうまく言葉に出来ないだけなんです。

実は今日、ある決定を朝礼で発表したかったのに止めました。決定した理由をうまく言葉に出来そうもなかったので…さすがの私も、理由は勘です!とは言えまセン。

近日中には話すつもりですけどね。

きっと論理的には伝えられないだろうな…まぁ今に始まったことじゃないので、社員のみんなも期待していないでしょう。

今さらながら、ごめんなさい。経験を積んで改善に努めます(苦笑)

The following two tabs change content below.
浅野葉子

浅野葉子

代表取締役株式会社アシスト
1959年千葉県生れ札幌育ち。学校卒業後に事務員をするつもりで就職した会社でシステムエンジニア部門へ配属される。4年間のハードワークで精神と体を鍛えられつつ仕事の楽しさを知る。1985年結婚と同時に来た釧路で夫とアシストを開業。以来 『オフィスの仕事をもっと楽しく便利にするには?』 に知恵を絞る。 2014年アシスト内に 『葉子の部屋』 を、2015年アシスト2階に『つながり空間まめ』をオープン。テーブルを囲んでのお喋りから多くを学んだ子供時代の経験を仕事にも生かしたいと試行中。 絵を描くこと、モノを作ること、自然の中に体を放り込むことが好き。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る